医療法人 橘会 東住吉森本病院

このまちと共に、「開かれた病院」として
アクセス方法 お問い合わせ 個人情報保護について ホーム

医療関係の方へ

各科紹介
消化器内科・一般内科
循環器内科
呼吸器内科
外科
緩和ケア科
形成外科
脳神経外科
神経内科
整形外科・リウマチ科
麻酔科
救急・総合診療部
病理科
放射線科
ハイケアユニット(HCU)
リハビリ科
薬剤科
栄養科
検査科
ME機器管理室
安全管理室
当院の実績
地域医療連絡室のご案内
勉強会及びセミナーのご案内
臨床研修医募集のご案内
外来担当表
診療科の紹介
医師募集 地域に貢献する救急医療
看護師募集 あなたしか、できないこと
医療情報サービスMinds

Mindsは、日本医療機能評価機構が実施する医療情報サービスです

各科紹介

 

東住吉森本各科病院

循環器科


カテーテル部門
当院の実績はこちら

心臓カテーテル検査:虚血性心疾患に対する冠動脈造影は、主に手首の動脈より局所麻酔下に挿入しています(状況によっては足の付け根や肘から挿入します)。終了後は、手首のみ圧迫止血するのでトイレにも歩いていけるため楽です。冠動脈に狭窄病変がみつかれば、必要に応じて引き続き経皮的冠動脈形成術を実施しています。血管内超音波検査(IVUS)や光干渉断層撮影(OCT)で、冠動脈病変の評価を適宜実施し、バルン拡張術やステント留置術を行います。

高度石灰化病変に対しては、施設基準を満たした2009年5月よりロータブレーターを実施しています。これにより、治療の幅が広がりました。また、末梢血管に対する経皮的動脈形成術にも力を注いでおり、間欠性跛行や重症下肢虚血の原因となる下肢動脈病変や高血圧の原因になる腎動脈狭窄、その他鎖骨下動脈狭窄へのバルン拡張術、ステント留置術を実施しています。特に、下肢動脈完全閉塞病変に対し、体表面よりエコーガイド下にガイドワイヤーを進めることで造影剤や放射線被爆を減らし、かつほぼ100%の成功率を達成しています。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
心血管センターのページへ
ページトップに戻る
Copyright (C) 2007 TACHIBANAKAI CO.,LTD. All rights reserved.